カテゴリー別アーカイブ: exhibition

「Natsuki’s HaCcOoo Lab」のアートワーク

発酵ワークショップのアートワーク

ご縁あって、今年から新たにはじめたことがあります。

それは、発酵アーティストとして活躍中のNatsukiさんのワークショップ

「Natsuki’s HaCcOoo Lab」のアートワーク。

“発酵” を軸として毎回さまざまなテーマで行なわれるワークショップで、

私はそのテーマからイメージした絵を描き、

ワークショップのビジュアルとして使っていただいています。

主に、参加者の皆さんに配布するレシピカードやポスターなどの印刷物です。

原画は会場に展示して、近くで見ていただけるようになっています。

 

haccooo-1_20180120_01

▲初回のレシピカード( デザイン:安江 渉さん [Thircle inc.] )

 

ワークショップの参加申込については、NatsukiさんのHPやSNSなどで行なっておりますので、

ご興味あるかたはぜひそちらをご覧ください!

NatsukiさんのHPはこちら→http://beautyflow.sunnyday.jp/

 

 

手前みそ、仕込んできました

暦の上では大寒に入る 1/20、お味噌を仕込むワークショップに私も参加してきました!

会場は中目黒の川沿いにある THE WORKSさん 2Fの Stall BAGGAGE

広々としてとても素敵な空間です。

 

愛知・常滑の老舗窯元 山源陶苑さんの甕(かめ)「TOKONAME CROCK」が

テーブルにずらりと並びます。

一つ一つ職人さん手作りの甕です。形も色合いも、すごくきれい。

 

haccooo-1_20180120_02

 

 

和やかな雰囲気ではじまったワークショップ。

皆さんとおしゃべりしながら、麹・塩・大豆をまぜまぜしていきます。

大豆をつぶすのにけっこうな手の力が必要だとはじめて知りました。

haccooo-1_20180120_04

haccooo-1_20180120_05

haccooo-1_20180120_06

 

菜月さん、ひとりひとりのお味噌をチェックしてくれます。

haccooo-1_20180120_07

haccooo-1_20180120_08

 

「手前みそ」の仕込み完了。

半年後には合わせ味噌、もっと寝かせると赤味噌になるそうです。楽しみ!

haccooo-1_20180120_09

haccooo-1_20180120_03

hacooo-1_20180120_10

 

 

この日のためにNatsukiさんとTRANSIT crewのシェフが考案してくださった発酵ランチ。

おいしくいただきました!

haccooo-1_20180120_11

haccooo-1_20180120_12

 

ランチのあとには山源陶苑の鯉江優次さんのトークイベントもあり、

常滑焼のブランド 「TOKONAME」を立ち上げるきっかけやこれまでの取り組みについての

お話を聞くことができました。

 

 

haccooo-1_20180120_13

※撮影:3,5,6,8,13枚目:吉澤健太さん

 

Natsukiさんをはじめ、愛知出身のかたがたくさん関わっているこの「HaCcOoo Lab」。

私も同じ愛知出身なので、こんなかたちで同郷の人たちと一緒に活動できることが

本当にうれしいし、楽しいです。

今後の活動も、また随時ご報告していきますね。

 

haccooo-1_20180120_14

 

 

 

—————————————————————————-
web :  かとまり illustration   http://katomari.com
▼▼▼近況はこちらで▼▼▼
facebook :  https://www.facebook.com/ikatomari
twitter :  https://twitter.com/ikatomari
instagram: http://instagram.com/katomari_illustration—————————————————————————-

「いろはCarta」ご来場ありがとうございました!

「いろはCarta」終了しました!

約2週間に渡って開催されました「いろはCarta」展、無事終了しました。

ご来場くださった皆さん、気にかけてくださった皆さん、

ご一緒したイラストレーターの皆さん、会場のギャラリーDAZZLEさん、

どうもありがとうございました!

 

「いろはCarta」展への参加は二回目(前回参加したときのブログ記事→)。

読み札と絵札の両方を作家自身が考えて描く、ということで、

会場にはバラエティに富んだ作品が並びました。

 

2018_carta_02

2018_carta_01

2018_carta_04

2018_carta_03

 

 

「け」→化粧→口紅→赤→?!

私が担当したのは【け】の札。

【け】から「化粧」という単語を連想して、こうなりました。

 

2018_carta2mai

 

“ けしょうした あの子の赤い唇にドキッ ”

///////////////////////////////////////////////
いつも薄化粧のあの子が
赤い口紅をして現れた。
そんな設定で、
いろんな女の子を描いてみました。
///////////////////////////////////////////////

 

唇に色がついているかいないかで、顔の印象ってけっこう変わるんですよね。

中でも、赤い口紅は女の子を断然きれいに、色っぽく見せてくれる。そう思います。

いつも素朴なかんじの子が赤い唇をしていたら、

相手は男子でも女子でもきっと「ん?!」となるだろうな、と妄想をしながら描いた絵です。

やっぱり女の子を描くのは楽しいですね。

あ、読み札の文字も手書きです!

 

—————————————————————————-
web :  かとまり illustration   http://katomari.com
▼▼▼近況はこちらで▼▼▼
facebook :  https://www.facebook.com/ikatomari
twitter :  https://twitter.com/ikatomari
instagram: http://instagram.com/katomari_illustration—————————————————————————-

新春企画展「達磨」ご来場ありがとうございました!

「達磨」終了しました!

OPAギャラリー新春企画展「達磨」は先日無事終了しました。

ご来場くださった皆さん、気にかけてくださった皆さん、

ご一緒したイラストレーターの皆さん、会場のOPAギャラリーさん、

どうもありがとうございました!

25人のイラストレーターが描く達磨たち、いかがでしたか?

本当にいろんな「達磨」が登場していましたよね。

楽しんでいただけていたらうれしいです。

 

 

だるまちゃんに思いをはせて

今回の展示では、イラストレーター本人に「達磨」像が託されていたので、

私はイメージを膨らませてこんな絵にしました。

 

darumachan

 

===========================================================
「DARUMAちゃん」

「だるま」と聞いて思い浮かんだのは、
加古里子さんの絵本「だるまちゃん」シリーズ。
天真爛漫なだるまちゃんとその友達が繰り広げる楽しい世界に、
子どもの私はとても憧れました。
そんな思い出があるからか、私の中の「だるま」のイメージは
どこかユーモラスでかわいいものに。
今回は自分なりの「だるまちゃん」を描いてみることにしました。
楽しんでいただければうれしいです。

===========================================================
〜キャプションより〜

 

この「達磨」展に参加するにあたって、自分と「達磨」の接点を考えて出てきた答えは、

幼い頃に読んだ加古里子(かこさとし)さんの絵本「だるまちゃんとてんぐちゃん」

「だるまちゃんとかみなりちゃん」でした。

だるまちゃんたちの表情や持ち物ひとつを取ってもユーモアがあって

(たとえば、かみなりちゃんの暮らす世界のモノにはすべてに“ツノ”がついている、とか)

私はそういうところがとても好きだったのを思い出しました。

そして、加古さんのことを調べてみたら、90歳を超えたいまも絵本の制作をされていて、

だるまちゃんシリーズの新作を3作もお出しになるとのこと(1/15に発売されています)。

これはもう、私はだるまちゃんを描くしかない!と思いました。

 

先日、上井草にある ちひろ美術館の「日本の絵本100年の歩み」展へ行き、

「だるまちゃんとかみなりちゃん」の原画を見ることができたのですが、

加古さんの描くあたたかな世界に触れて、あらためて素晴らしいなぁと感じました。

新作絵本もぜひ読んでみたい。

そんなわけで、加古さんの絵本に再び出会わせてくれた「達磨」展に感謝しています!

 

—————————————————————————-
web :  かとまり illustration   http://katomari.com
▼▼▼近況はこちらで▼▼▼
facebook :  https://www.facebook.com/ikatomari
twitter :  https://twitter.com/ikatomari
instagram: http://instagram.com/katomari_illustration—————————————————————————-

 

2017年もありがとうございました

来年1月の展示のお知らせ

年明け早々、2つの展示に参加します。

どちらの展示も出展者が多く、にぎやかな展示になりそうです。

どうぞお気軽に遊びにいらしてくださいね。

 

2018_daruma

■オーパギャラリー新春企画展「達磨」

日時: 2018年1月12日(金)〜1月17日(水)
11:00〜19:00   最終日は17:00まで
*オープニングパーティ 初日18:00〜20:00

会場: OPA gallery
東京都渋谷区神宮前4-1-23-1F  TEL.03-5785-2646
表参道駅 A2,A3出口 徒歩5分
http://opagallery.net/

 

================

 

2018_irohacarta_dm

■「いろはCarta展」

日時: 2018年1月9日(火)~1月21日(日)
12:00 〜19:00 最終日は17:00まで

会場: gallery DAZZLE
107-0061 東京都港区北青山2-12-20 #101    TEL.03-3746-4670
銀座線 外苑前駅 3番出口より徒歩3分
http://gallery-dazzle.com/

 

 

2017年、ありがとうございました

今年もあとわずかですね。

お仕事で関わった皆さん、展示やイベント等で関わった皆さん、

新しく出会ったかた、友人、家族、すべての人に感謝です。

皆さん一年間どうもありがとうございました*

 

振り返ってみると、今年も昨年に引き続き、

やってみたかったことを少しずつ叶えられた年でした。

小説の連載(挿絵)のお仕事、書籍の装画のお仕事、

カレンダーの販売、香港のイベントでのZINEの展示販売など。

さまざまなチャンスをいただけて本当にありがたかったです。

 

旅もたくさんして、それがきっかけで新しい絵が生まれました。

アイスランドから帰国した夏の終わり頃からサイアノタイプ(青のシリーズ)の

作品づくりを始めて、今までとは違った角度から、

イラストレーションへのアプローチを試みています。

これから自分がどんな絵を生み出せるのか、わくわくしています!

 

来年も、いろんな人・もの・ことに出会って刺激を受けたい。

感度を上げて、日々を過ごしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします*

 

 

dav

 

 

—————————————————————————-
web :  かとまり illustration   http://katomari.com
▼▼▼近況はこちらで▼▼▼
facebook :  https://www.facebook.com/ikatomari
twitter :  https://twitter.com/ikatomari
instagram: http://instagram.com/katomari_illustration—————————————————————————-

「My Favorite Things 私のお気に入り展 -レコードジャケット展-」の様子

会期中の様子

先日の「My Favorite Things 私のお気に入り展 -レコードジャケット展-」では、

こんなかんじで壁一面に作品が展示されていました。

イラストレーター各自でジャケット本体とレーベル(レコードの真ん中のシール)を制作。

レコード盤はギャラリーで用意してくださいました。

そういえば久しぶりにレコード盤を触ったなぁ。

 

20171209_3

20171204_5

20171209_1

20171209_2

 

 

制作のこと、選んだ曲のこと

奇妙礼太郎さんが選んでくださった今回のテーマ曲『SWEET MEMORIES』は、

松田聖子さんの歌う名曲で、私も大好きです。

イントロが流れるだけで、切なさが漂ってきて、泣けます。

レコードジャケット制作にあたって決まっていたのは、

A面(おもて)が『SWEET MEMORIES』ということ。

B面(うら)は作家の自由だったので、両面で何か共通点をつくりたいなと思いました。

私は歌を聴くとき、メロディはもちろんですが、詞により重きを置いているというか、

音に乗っている言葉を大事に聴こうと思って聴いています。

そこで、『SWEET MEMORIES』の作詞をされた “松本隆さん” を軸として、

同じく松本さん作詞の『Woman “Wの悲劇”より』という曲をB面のテーマにしました。

いろんな歌手のかたがカバーするほど素晴らしい曲ですが、

私もこの曲のすべてが本当〜に大好きで、薬師丸ひろ子さんのコンサートの映像などを

Youtubeで何度も繰り返し見てしまいます!

そんな熱い思いを込めつつ、2つの曲の切なさや儚さを表現しました。

 

 

<ジャケットA面:『SWEET MEMORIES』>
歌・松田聖子/作詞・松本隆/作曲・大村雅朗

gallery_record_01

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
甘く切ない恋を「ソフトクリーム」というモチーフで表しました。
『SWEET MEMORIES』が発表された80年代の懐かしい雰囲気と、
恋人たちがデートで一緒に食べた思い出(妄想です)を重ねて。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

<ジャケット:B面『Woman “Wの悲劇”より』>
歌・薬師丸ひろ子/作詞・松本隆/作曲・呉田軽穂

gallery_record_02

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
松本隆さん作詞・ユーミン作曲の『Woman “Wの悲劇”より』は大好きな一曲。
「星のかけら」「時の河」といった言葉から連想してこの絵を描きました。
静かな夜の空気と女の子のなんとも言えない気持ちが伝わればうれしいです。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

▼図録より。

2017recordbook

 

今回の作品も、「ICELANDIC」シリーズ同様、サイアノタイプで制作しています。

色のムラが出ているところや擦れているところなど、

偶然で生まれるものが楽しいな〜と思う今日この頃です。

 

最後までお読みくださりありがとうございました*

 

—————————————————————————-
web : かとまり illustration http://katomari.com
▼▼▼近況はこちらで▼▼▼
facebook : https://www.facebook.com/ikatomari
twitter : https://twitter.com/ikatomari
instagram: http://instagram.com/katomari_illustration—————————————————————————-